パーキンソン病の原因と症状、効果的な治療方法の紹介

パーキンソン病とは、脳の一部の働きが低下し、からだの動き
がうまくいかなくなる症状が出る病気で、1817年にイギリ
スのジェームスパーキンソンにより初めて報告されました。

発症年齢は50〜60歳以上の高齢者に多く見られ、年単位で
ゆっくりと進行していくのが特徴です。

主な自覚症状として、手足のふるえ(振戦)や、動きが遅くな
る(無動)、筋肉が硬くなってこわばり、関節の曲げ伸ばしが
困難になる(固縮)と呼ばれる症状などが現れることによって
気が付きます。

これら3つの症状をパーキンソン病の3大症状と呼び、3つの
症状全てが必ず出るとは限りませんが、このうちの2つの症状
が現れていれば、注意が必要です。

手足や頭がふるえたり、動作が遅くなるということは、年齢を
重ねれば誰でも経験するものですが、上記の症状が重なって現
れた人は、早めにパーキンソン病の専門医(神経内科医)の診
察を受けることをお勧めします。

パーキンソン病の場合、初期の段階で神経内科を受診すれば、
筋肉のこわばり(固縮)が見つかるのが一般的です。

こうした症状を見過ごしたり、放置しておけば、やがて前かが
みの姿勢になり、すり足で歩かなければならなくなります。

パーキンソン病に似た症状を引き起こす病気は他にも数多くあ
りますが、日本中どこの神経内科でもパーキンソン病の診断は
出来、専門医であれば早い段階から的確な診断がつき、結果的
に早期に適切な治療を始めることができます。

このサイトでは、パーキンソン病の原因から診察・診断、さら
に症状をやわらげて、病気と共に生きていく方法を詳しく紹介
しています。

パーキンソン病に負けない心と体づくりのお手伝いができれば
と思います。

パーキンソン病の原因と治療法

トップページ
●パーキンソン病の特徴的症状
●パーキンソン病の前兆症状
●パーキンソン病の原因とは?
●なりやすいのはどんな人?
●神経内科を受診時の注意点
●他の病気の可能性も考える
●ヤール重症度についての解説
●寿命に影響する病気なのか?
●薬とは生涯のお付き合いに
●100%を薬に求めないこと
●治療に使われる代表的な薬
●薬の効き目を高める服用方法
●薬の量は勝手に調整しない事
●薬の副作用には注意をする
●健康日誌をつける重要性
●万能ではない手術療法
●入院しての治療は必要か?
●医師との信頼関係が大切
●ふるえ症状が強い時の対処法
●つらい便秘症状の原因と対処法
●メリハリのある生活を心掛ける
●薬の効き目や持続性への疑問
●すくみ足への効果的対処法
●歩行中の転倒防止策を考える
●体が傾いてしまう時の対処法
●立ちくらみや失神の予防方法
●冷えやむくみ症状への対処法
●足の親指がそり返り痛む症状
●腰痛などの症状を放置しない事
●排尿障害とうまく付き合う方法
●嚥下障害とうまく付き合う方法
●うつ熱の症状と上手な対処法
●幻視や不眠への上手な対処方法
●よだれが出る原因と対処方法
●病気の進行を遅らせる運動方法
●ヤール1度のリハビリ方法
●ヤール2度のリハビリ方法
●ヤール3度のリハビリ方法
●ヤール4度のリハビリ方法
●ヤール5度のリハビリ方法
●ウォーキングを毎日の習慣に
●リハビリに効果的なラジオ体操
●前向きな気持で病気と付き合う
●精神面をサポートする方法
●介護は8割の満足度で十分
●家の中での転倒事故防止策
●心地よく過ごせる部屋の作り方
●食事を自分でとるための工夫
●メリハリのある生活を心がける
●頑張りすぎない介護のために

その他

リンク募集中
other link1
other link2
other link3